白い吐息をスクリーンにしたすごい映像

Black Dog Filmsに所属する、ロンドンのTom Wrigglesworth(トム・リグルワース)とMatt Robinson(マット・ロビンソン)によるディレクターズ・デュオWriggles&Robins(リグルス&ロビンス)のショートフィルム「Love is in the Air」で、白い吐息がスクリーンになってしまう何とも言えない、本当に幻想的で感動してしまう映像です。

Love is in the Air

次の映像もWriggles&Robins(リグルス&ロビンス)が制作しています。
スコットランド出身のロックバンドTravis(トラヴィス)のシングル「Moving」のミュージックビデオです。
(2013年8月19日にリリースした7枚目のアルバム「Where You Stand」からのシングル)
トラヴィスメンバー自身のの白い吐息をスクリーンにして、幻想的な映像が出てきます。
走っている映像から、転んで突然泳ぎ出したり、サメやヨットなども登場。

途中でボーカルのFran Healy(フラン・ヒーリィ)の吐息によってもう一人の自分が表れ一緒に歌うシーンも面白いです。
他のメンバーとのやり取りもなんだかほっこりと笑ってしまいます。

そして、最後は階段を上り高いところから落っこちてしまいます。
そして・・・。
最後は何だかえっていう感じで終わりますよ。
本当に面白いミュージックビデオです。

Travis – Moving

Travis – Moving from Wriggles & Robins on Vimeo.

Wriggles&Robins(リグルス&ロビンス)のびっくりヌードモデルデッサン映像作品はこちら

banasmall

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ